庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

プロフィール
しゃべちょこぎ
しゃべちょこぎ
QRコード
QRCODE
  当サイトは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、個人を特定する情報を除いた当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報のみを使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。
※カテゴリー別のRSSです

2011年08月26日

北前船みちのく丸

酒田といえば江戸時代から明治にかけて
北前航路で発展をした港町。



しかし歌にも歌われた
北前船(千石船)の本物を見たことのある人は
北前船が廃れて
既に100年以上も経ったこの酒田に居るのでしょうか?



酒田の日和山の池には
半分のサイズで復元された北前船が浮かんでいる?
北前船の姿は知っている酒田の人は多いでしょうね。



8月19日そんな酒田港に
復元された北前船がやって来ました。



見に行った人も多いかな?
当時の街や港とは様変わりしているでしょうが
酒田の港に北前船がやって来たとなると
なにかノスタルジーを感じますよね・・・



酒田の港にやって来た北前船は
北前船日本海文化交流事業で
10道県の14港を周航中で
新潟西港から酒田港まで航海をしてきた
公益財団法人みちのく北方漁船博物館財団が
平成17年に建造した復元北前型弁才船「みちのく丸」。
青森産の杉やアメリカ産の米松などで作られた
全長32m 全幅8.5m 深さ3m
帆柱までの高さ28m
千石積(重量トン150トン)の木造船です。



国内最大級の復元北前船で
自力帆走できる唯一の大型和船だそうです。
でも、自力帆走を目的に建造されたので
忠実に復原されてはいますが
船体構造の一部に航海に耐えられるよう
現代の技術も使われているようですが・・・
平成19年大河ドラマ「篤姫」で
御座船として使用されたこともあるみたいですよ。



8月21日には白い帆を揚げて酒田沖を帆走?
残念ながら天候の悪化で1回限り。
そんな北前船みちのく丸が酒田を出港
今は次の寄港地である秋田港へ着いていることでしょうね・・・

ブログ村 人気のやまがたブログもみてネ!  


Posted by しゃべちょこぎ at 14:10Comments(0)お船

2010年07月16日

新しい定期船「とびしま」

酒田港には「ニューとびしま」の後継船で
新造船の「とびしま」が碇泊していましたよ!
白く浮き上がる船体に
赤・青・緑のカラーが・・・
船首には「とびしま」の
文字が書いてある。。。

今回の「とびしま」就航で
酒田から飛島までの
所要時間が
「ニューとびしま」より
10分短縮するようです・・・

1914年の
初代「飛嶋丸」が
就航してから
2010年就航の
「とびしま」は
7代目にあたるそうです。。。

飛島周辺には
釣り船で
行ったことはあるが・・・

今年の夏は
新しい定期船で飛島へ
遊びに行ってみようかな?

飛島定期便の歴史
初代 1914年就航 「飛嶋丸」
2代目1931年就航 「飛島丸」
3代目1952年就航 「おばこ丸」
4代目1957年就航 「とびしま」
5代目1972年就航 「とびしま丸」
6代目1989年就航 「ニューとびしま」
7代目2010年就航 「とびしま」

ブログ村 人気のやまがたブログもみてネ!  


Posted by しゃべちょこぎ at 14:58Comments(0)お船

2008年10月15日

真っ白で美しい飛鳥Ⅱ・・・

昨日は雲の隙間から
少しお日さまが覗く
あいにくのお天気でしたが・・・
白い大きな船体をもつ
飛鳥Ⅱが
朝7時くらいに
酒田沖に姿を現した。
テラスからは
数人が
顔を覗かせたまま
波しぶきをたて
”ゆっくりゆっくり”入ってくる。
酒田北港の湾内で
ダグボートに引かれ
旋回するお船は・・・ ん~ん 大きい!
夕方は見送り・・・
やはり近くで見る
240m超の白い船体は
とても美しく大きい。
出港間際には
オープンテラスや
デッキに乗客が
姿をあらわし
テープを投げる姿は
映画タイタニック号の
ワンシーンを
見ているみたい。
少し感激かな?
でも・・・
誰を見送りきたんたっけ?

にほんブログ村 人気のやまがたブログもみてネ!  


Posted by しゃべちょこぎ at 21:22Comments(2)お船